基本的にセフレがいることは公言しないのがいい

セフレになるきっかけは本当に色々とあります。
異性の友人や同僚はもちろん、学生時代の同級生や先輩後輩、あるいは元恋人とセフレになるケースもあるのです。

ナンパや合コンであったり、イベントなどで知り合った相手とセフレになることもあります。
そしてもちろん、最近では出会い系サイトを始めとしたネットでセフレを作るケースも多いでしょう。

ただ、どんなきっかけでセフレになったとしても、セフレがいることは公言しない方がいいでしょう。
セフレがいることを周囲に話しても、正直メリットはあまりないですし、むしろデメリットの方が大きいと言えます。

お互いにフリーであればいいのですが、どちらかにでも恋人がいる状態であれば、誰かに話すだけで大きなリスクになってしまいます。
セフレとは言えども、他の異性と体の関係を持っていることが知られれば、別れを突きつけられかねませんから。

そうでなくても、セフレがいることに関して会社仲間や友人は、果たしてどんな目で見るでしょうか。
「すげー」、「羨ましいよ」と思うこともあるでしょうが、一方で幻滅とまではいかなくても、印象を悪くしてしまう可能性もあるのです。

いくらセフレが普及している今の時代でも、やはり体だけの付き合いはあまりいい印象がないのです。
したがって、自分から好感度を下げるようなことはしない方がいいと思います。

ただ、自分では公言しないように気をつけても、普段の会話でポロっと口を滑らせてしまうケースはあるわけです。
ですから、無意識のうちに言ってしまわないように、普段はセフレのことは頭から切り離した方がいいでしょう。

メル友から始めた方が上手くいきやすい?

普通に考えれば、最初からセフレとして女性にアプローチをした方が、手っ取り早いイメージがあるかもしれません。
ただ、それがスムーズに上手くいけばいいのですが、そうは問屋が卸さないことも多いのです。

大半の女性は、たとえセフレ目的であることは理解していたとしても、知らない男性と出会うことには不安と怖さを持つものです。
ですから、男性にセフレの誘いをされても、簡単には応じられないことが多いわけです。

しかし、もし相手の男性と非常に親しい関係になっており、安心して出会えるぐらいの仲になっているなら、セフレの誘いをされた時もすんなりと応じられるかもしれないのです。
それを考えると、いきなりセフレとしてのアプローチをするよりは、まずはメル友から始めた方が上手くいくかもしれないのです。

メル友であれば、女性も抵抗感なく応じてくれるでしょうから、まずはメールアドレスの交換をして、メールの方でじっくりとコミュニケーションを取っていくのです。
日常会話や雑談を楽しんだり、趣味について語り合ったり、和気あいあいとした雰囲気で会話を楽しむのです。

そして、少しずつセフレの方に持っていくために、徐々にエッチの会話も織り交ぜていくといいでしょう。
いきなりアダルト満載な会話をしてしまうと、間違いなく女性の印象を悪くしてしまうでしょうから。

そして、お互いに信頼できるほどの関係になって、いつでも出会えるぐらいの間柄になったのであれば、その時にセフレのアプローチをしてみればいいわけです。
そうすれば、かなりの高確率で成功すると思います。

コミュニケーションが苦手でもセフレなら問題ない

恋愛関係を結ぶとなれば、どうしても相手とのコミュニケーションを欠かすことはできません。
信頼関係の上で成り立つわけですから、しっかりとコミュニケーションを取ってお互いのことを知り、お互いのことを分かり合わないといけないのです。

でも、セフレであればそういったことは一切不要なわけです。
お互いのことを知る必要もなく、信頼関係も最低限で構わないのです。

そのため、セフレ関係ならコミュニケーションが苦手であっても、何も問題はないわけです。
したがって、話すことが苦手な人でも、異性との会話が不得手な人でも、気にせずどんどんセフレを作っていけばいいのです。

セフレとの関係で大事なのは、当然ながらセックスに尽きるのです。
セックスの相性さえ良いのであれば、他は一切気にしなくてもいいのです。

セフレとさらに上の関係を目指しているのであれば別ですが、少なくともセフレのままで構わないのであれば、コミュニケーションを気にする必要は全くないのです。

むしろ、セフレとあまりコミュニケーションを取りすぎるのは、かえって関係を悪化させてしまうことになりかねないのです。
割り切った関係なのに、相手のことを色々と知りすぎてしまうと、もはや今の関係を維持することは難しくなってしまうのです。

つまり、コミュニケーションが得意な人は、むしろセフレを作るのは難しいと言えるかもしれません。
どうしても必要以上に話したりやり取りしたくなってしまうので、それによって相手に対して煩わしさを与えてしまいかねないのです。

そういう意味では、コミュニケーションは苦手なぐらいがちょうどいいのかもしれません。

人妻がかなりの狙い目である理由

出会い系サイトでセフレを狙う場合、特に狙い目となるのが人妻なのです。
なぜなら、セフレになれる可能性が最も高く、なおかつセフレになってからも長続きしやすいからです。

まず、人妻が出会い系サイトを利用するのは、相当な理由があるはずです。
独身女性とは違って、結婚をしている立場なわけですから、生半可な理由では出会い系サイトなど利用できません。
よっぽどセックスレスに悩んでいたり、性欲が抑えきれないほど溜まり込んでいるからこそ、出会い系サイトでセフレを求めるわけです。

したがって、他の独身女性よりも、アプローチをすれば返事をくれる確率は高いでしょうし、出会いに対する抵抗感もあまりないので、出会ってくれる可能性も高いと言えるのです。
もちろんセックスをすれば、セフレの関係に快く応じてくれるでしょうし、一度関係を結べれば長く付き合える可能性大なのです。

人妻としては、なるべく一人の男性と長く関係を続けたいでしょうし、リスクを背負って何人もの男性と出会うのは避けたいところでしょうから、できるだけ一人目の男性と決めたいたいと思うのです。

このような理由から、人妻はまさに狙い目とも言えるわけですから、積極的にアプローチするだけの価値はあると思います。
もちろん、人妻好きの人もいればそうでな人もいるでしょうが、一度セックスをするとその魅力が分かることも多いので、実際に自分の目で確かめてみるといいでしょう。

人妻でも、20代前半の若い女性もいますし、40代以上の熟女まで幅広く存在していますから、自分好みの人妻を探すといいでしょう。

好きな時にセックスだけできる関係

セックスフレンドというのは、非常に便利な関係とも言えます。
なぜなら、好きな時にセックスだけができる関係ですし、特に面倒な付き合いをしなくてもいいので、セックスをしたいだけの人には理想的とも言える関係なのです。

確かに、恋人関係でもセックスをすることはできるでしょうが、どうしても好きな時だけやるのは難しいです。
しかも、相手のことを色々と気遣いながらセックスしないといけないので、思うように満足できないことも多いです。
何より、恋人だと深いお付き合いをしなければならないので、それを面倒に感じてしまう人もいるわけです。

だからこそ、気軽に付き合えて、気楽にセックスをすることができ、いつでも別れることができるセックスフレンドは、本当に便利で役立つ関係だと言えるでしょう。

そういったフレーズを聞くと、何だか少し悲しく感じる人もいるかもしれません。
でも、世の中にはそれに近い関係というのはいくらでもあるわけです。

仕事だけのお付き合い、顔見知り程度の関係、ネットだけの繋がりなど、そういった浅い関係は山ほどあるわけです。
それが決してダメだというわけではありませんし、むしろ何でもかんでも深く付き合わないといけない人は、この世の中を生きていくことはできません。

それを考えれば、セックスフレンドの関係も全く悪いことではありませんし、それによって充実した生活を過ごせるのであれば、どんどん積極的に関係を結んでいけばいいわけです。

ただし、一度セックスフレンドの関係だと決めたのであれば、そのルールは守るようにして、一線は超えないようにしましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.